果実のコラム

2016.04.27

白桃缶でパリパリ簡単デザート

雨の日は買い物に行くのがおっくう。
とにかく家にあるもので、食事やおやつは済ませたい。
そんな時に限って、冷蔵庫の中にはめぼしいものがなかったりする。

でも、缶詰のストックがあると、ちょっと頑張ればおいしいものができるのです。
ブラボー缶詰♪

今日は、景気よく白桃の缶詰を開けよう。
白桃=高級、というイメージの私にとって、白桃の缶詰を開けるときは、ちょっと気合というか、「おっしゃー!」って声が心の中に響きます。


では、簡単なデザートをご紹介しましょう。

IMG_2248_S
最初に、ヨーグルトを水切りします。
ざるにキッチンペーパーを敷いて、ヨーグルトをのせます。サランラップをかぶせて、その上に、重石を置くと、早く水切りができますよ。
受け皿の上において、そのまま冷蔵庫で1時間ぐらいで、固くしまったヨーグルトになります。
水分は捨てずに、シチューなんかに入れてください。
ほんのり酸味があって、美味しいです。

そして、餃子の皮に、溶かしバターをたっぷり塗ります。
これ、バターがおススメ。なければ、オリーブオイルでもいいです。

次に、160度のオーブンで、きつね色になるまでしっかり焼きます。
油を塗って焼くことで、パリッとした食感になります。
バターを塗れば、もう、鼻をくすぐるバターの香りが最高〜。
カロリーなんて、どうでもよくなります!

あとは、餃子の皮、水切りしたヨーグルト、そして、白桃の缶詰を順に重ねれば、お洒落なデザートに。

パリッとした餃子の皮に、柔らかい白桃。そして、むっちりした水気をきったヨーグルト。
食感の違うものが層になって、美味しい〜。


缶詰のストックがあると、やっぱり安心。お気に入りは、多めに常備が基本です☆

藤本佳子さん
written by 藤本佳子さん
テーブルコーディネートと簡単なおもてなし料理の教室を主宰。 毎月200名超の生徒さんに、食とテーブルの美味しい時間を提供している。 食品メーカーのレシピ開発、パンフレット、カタログのスタイリングも行い、「食」を大事に、丁寧に、をモットーに暮らす。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集