果実のコラム

2016.06.05

昭和を偲ぶ“ふるうつぽんち“

thumb_IMG_1238_1024

今年104歳を迎えた祖父は大の甘党。

小さな頃に祖父にフルーツポンチを作ってあげたら、とっても美味しいと喜んでくれたのが印象的で、以来祖父に会うとフルーツポンチを作ってあげたくなってしまう孫心。今回は逆に子供の為に。高級和菓子によく使われる『白ざら糖』以外、余計なものを使っていない缶詰なので、老人や子供のおやつにも向いています。

 

この缶詰に入っているのは、山形県産の黄桃、白桃、りんご、ラ・フランス、さくらんぼの5種類。

これだけでも満足ですが、フレッシュフルーツを混ぜていただくとなお、フレッシュフルーツと缶詰のフルーツ、それぞれの味を楽しめます。

 

材料(6人分)

  • にっぽんの果実 山形県産 ミックスフルーツ:1缶
  • 国産の優しい味わいのフルーツをお好みで
  • 炭酸水:100cc程度

 

 

作り方

  1. 缶詰のフルーツは半分に切っておく
  2. フレッシュフルーツは皮をむき、食べやすい大きさにカットする
  3. 器に全部の材料を入れて混ぜ、テーブルへ

 

レシピというほどのレシピでもありませんが、

ポイントはとにかく素材にこだわった缶詰を殺さず活かすこと。

その為、糖分の入ったサイダーではなく、炭酸水を使っています。

3世代で(もしかしたら4世代も?)楽しめる体に優しいおやつです。

HACCHIさん
written by HACCHIさん
ワインと食事のマリアージュを大切に、ヨーロッパの食文化を伝える事に主眼を置いて活動中。ヨーロッパではフルーツをお料理によく取り入れます。ワインに合うようなフルーツを使ったお料理をご提案します。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集