果実のコラム

2016.12.25

いい予感の「伊予柑」

伊予柑って、「偶発実生」なんだそうです。親品種も明らかではないのだそうです。

あぁ~~~!偶然、こんな美味しい柑橘ができてくれて心底感謝でございますぅ~~~!

産地である伊予の国(愛媛県)から「伊代柑」と付けられたようです。

 

鮮やかな紅色、甘酸っぱい香り。たっぷりの果汁と、やわらかな果肉。

果実は大玉で、味は甘くてジューシー、香りも良い柑橘です。

皮は手で剥けますが・・・缶詰だったらもっと簡単に食べられます(笑)

 

ベタな語呂合わせですが、やはり「伊予柑」→「いい予感」ですよね。

縁起かつぎにいい果物だと思うのですよ。

 

クリスマスパーティー、年末年始のお集まり、バレンタインデー・・・・

そんなうれしくて楽しい時に作っていただきたいお菓子を提案します。

チョコレートと柑橘の相性は抜群です。

ココアの苦みとチョコレートの甘さが絶妙です。

そこに伊予柑の甘酸っぱさが重なって美味しさ倍増です。

すぐにそろう材料を使って簡単にできます。なのに、手をかけた生チョコっぽい仕上がりが自慢です。

 

 

伊予柑の簡単チョコレートタルト

IMG_9716

<材料> 21cmのタルト型1台分

 にっぽんの果実「伊予柑」  1缶

 ビスケット  8枚(約70g)

 バター    50g

 板チョコレート 3枚(約160g)

 生クリーム  1パック(200cc)

 卵  1個

 ココア  適量

 

<作り方>

1 ボウルにバターを入れて、湯せんをしてとかす。

2 ビスケットは、袋の上からめん棒などで叩いてくずす。

  1のボウルにビスケットをいれて、よく混ぜる。バターを塗ったタルト型に入れる。

  ラップの上から、ビスケット生地をスプーンでタルト型にぎゅっと押しつける。

IMG_9660

3 小鍋に生クリームを入れあたためる。チョコレートを割り入れる。

  沸騰させないように弱火にしてチョコレートを、なめらかにとかす。

  鍋ごと氷水に当てて、あら熱を取る。

IMG_9652

4 卵を丁寧にわりほぐす。③の鍋に、卵を加え、よく混ぜる。型に流し入れる。

  伊予柑の実を並べる

IMG_9669

5 170度に予熱しておいたオーブンで、約25~30分焼く。

  *焼き上がりは、真ん中がプルプルしている感じですが、冷蔵庫で冷やせば大丈夫です。

IMG_9707

 

 

 

 

登志子さん
written by 登志子さん
奈良女子大学文学部国語国文学科卒業。 1991~1993夫の海外勤務でカナダ・オンタリオ州に在住。 多国籍文化のカナダで、各国料理教室へ通い、お料理のおもしろさ・楽しさに目覚める。 現在は、自宅や新聞社の文化センターでお料理教室を開いている。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集