果実のコラム

2017.01.25

八朔&チョコの太陽のパイ

「八朔」って

外側の皮が厚い上にむきにくいし、袋も厚いのでもう一度むかなくちゃなりません。

ちょっと面倒です。

でも、その果肉は歯ごたえがあり、適度な甘さと独特の苦みと酸味を持っています。

近年甘い柑橘が主流ですけど、「八朔」はそれらとは一線を画していると思います。

 

「八朔」とは、旧暦の8月1日の事で、昔は毎年その時期から食べられるようになることからこの名が付いたとされているそうです。

今ではさすがにそんな真夏には食べられませんよね。

 

大粒の果肉にはぷりぷり感とさっぱりした味わいがあり、爽やかで昔なつかしい自然の味がします。

 

にっぽんの果実「八朔」は、まさにこの「プリプリ感」がそのまんまなんですよ。

缶詰ですのに、生の果実みたいな食感があるのです。感動ですよ!

 

柑橘とチョコレートの相性の良さは言うまでもありません。

今回は、流行の「タルト・ソレイユ(太陽のパイ)」に仕立ててみました。

わたしはパイ生地を作りましたけど、市販のパイシートを使えば簡単です。

作る工程が楽しいのでオススメです。

 

八朔&チョコの太陽のパイ

 @IMG_0479

<材料> 直径21cmのパイ1台分

 冷凍パイシート  2枚

 にっぽんの果実「八朔」  1缶

 きざみチョコレート  30g

 卵黄1個分 牛乳小さじ1 (混ぜておく)

 

<作り方>

 1 にっぽんの果実「八朔」の実を、バラバラにほぐす。

 2 パイシートを20cm角ぐらいに伸して、ボールを当てて丸い生地を2枚とる。

 3 1枚の丸いパイ生地にチョコレートと八朔を広げる。

   周りに、卵黄を塗る。もう1枚のパイ生地をかぶせてフォークで縁を押さえる。

@IMG_0431

 4 さらに、表面に卵黄を塗る。

   真ん中に直径7cmぐらいのココットを置いて、放射状にナイフで12等分の切れ目を入れる。

@IMG_0441

 5 オーブンシートを敷いた天板に4の生地をのせる。

切れ目を90度曲げていき、縁をフォークで押さえる。

 6 200度に予熱しておいたオーブンで20分、180度に下げてさらに15分焼く。

@IMG_0460

@IMG_0425

 

登志子さん
written by 登志子さん
奈良女子大学文学部国語国文学科卒業。 1991~1993夫の海外勤務でカナダ・オンタリオ州に在住。 多国籍文化のカナダで、各国料理教室へ通い、お料理のおもしろさ・楽しさに目覚める。 現在は、自宅や新聞社の文化センターでお料理教室を開いている。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集