果実のコラム

2018.01.22

伊予柑ソースのクレープシュゼット。

「伊予柑」って、あの「いよかん」?

 伊予柑缶44_mini

ついこの前、家で伊予柑を食べたところで、ちゃんと覚えていた息子。だけどその時の伊予柑は息子には
少し酸っぱかったらしく、はちみつたっぷりで食べていた。そんなことがあったすぐ後だったのもあって、にっぽんの果実の伊予柑缶が、すごく食べやすかったみたい。シロップ漬けになっているおかげか酸味も
和らいでいるし、甘すぎないシロップだから伊予柑本来の甘さもしっかりと残る。伊予柑らしいほんのりとした苦味もちゃんと残っているから、より甘さが引き立つのかもね。

グレープフルーツの酸味と苦味が苦手な息子。少し気になって「苦いの平気??」って聞いてみたら、伊予柑が甘いからちょっと苦いのがいいんだよ~との答え。思いがけない一人前な返事に、思わず笑ってしまいました。

息子が伊予柑を好きになったところで。その甘さとほろ苦さをもっと楽しめるおやつを作ろうか。

 クレープ22_mini (1)

まずはクレープを焼くのだけれど、小さなフライパンで沢山の数を焼いてみる。いつもは具を包んで食べるから、ある程度の大きさがないとダメ。だけど今日は包まないクレープだから、小さくて沢山あった方がいいんです。

次は、鍋にオレンジジュースを入れて、バターとグラニュー糖も加えて温める。全部目分量だけどきっと
大丈夫なはず!沸騰してきたところで主役の伊予柑も加えて、軽くとろみがつくまで煮詰めたら、最後に
4つ折りにしたクレープを入れる。ソースをかけながらしっかりとなじませれば、熱々のクレープシュゼットの出来上がり。

クレープシュゼット2_mini

何これー!って、はじめてのクレープシュゼットに少し興奮気味の息子。甘くてちょっぴり苦い伊予柑ソースを、やっぱり気に入ってくれたみたいで一安心。「また作ってー!」の一言もしっかりもらえました。

まだもう少し続く柑橘の季節の間は、クレープも熱々で食べようね。

 

<今回使用した商品はこちら>

bnr_setouchi_iyokan

栁川かおりさん
written by 栁川かおりさん
医師、料理家。 2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。 メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集