果実のコラム

2018.02.21

冬のコブラ―。

コブラー_mini (1)

今年の冬は特に寒さも雪も厳しい。雪国生まれ、雪国育ちの私。雪なんて慣れてるよ!って、言いたいけれど全然そんなことないのです。毎日寒いものは寒いし、雪かきも大変なものは大変。毎日毎日鍛えられている気がします。

そんな冬だから、必然的に家にいる時間も多くなる。おやつ作りも夏より冬かな。夏の暑い時期はオーブンも使いたくなくなるし、あったかい出来立てが美味しいおやつを作りたくなるのは冬。そんなことを思いつつ、ぱらぱらと本をめくっていたら「コブラー」の文字に目がとまる。子供たちに、コブラ―食べる?と
聞くと、えっーー!コブラ??って。想像どおりの返事が返ってきた。まさかあの“コブラ”は食べないよ。

コブラーはお皿にフルーツをぎっしりと詰めて上にスコーンのようなビスケット生地をのせて焼くお菓子。組み合わせはタルトのようだけど、これは焼き立ての熱々が美味しい、寒い冬にもぴったりなおやつ。
せっかくだから季節の果物で作りたいよね。

 みかん缶2_mini

冬の果物と言えば、一番に思いつくのがりんごとみかん。ちょうどその組み合わせで残っていたのがにっぽんの果実。缶に産地がしっかり書いてあるから、日本地図を習った娘には、ちょっとした地理の勉強にも
なる。北はりんご、南はみかんが美味しいんだね。その冬のおいしさをどっちも一度に楽しめる。
そう考えたらなんだか贅沢な気がしてくる。

工程2_mini

グラタン皿にはバターを塗って、りんごみかんを並べる。グラニュー糖をかけてもいいけれど、シロップ漬けになっているからいらないね。その方が優しい甘さでちょうどいいんです。上には丸く型抜いたスコーンの生地をのせてオーブンへ。焼き上がりが近くなるとビスケットの香ばしい香りが待ち遠しい。
さぁ。できたよ!

 コブラー7_mini

そのままでももちろん美味しいのだけれど、熱々にはバニラアイスを添えたくなる。
少しとろんと柔らかくなったみかんと、シャキッと歯ごたえが残るりんご。どっちもさっくりとしたビスケット生地に合うね。ここに冷たいバニラアイスが溶けてきて絡むとまた格別。
冬の寒さは嫌だなぁと思うけど、それもおいしく食べる調味料のひとつだと思えば、春までもう少し頑張れるかな!

 

<今回使用した商品はこちら>

bnr_aomori_ringo

栁川かおりさん
written by 栁川かおりさん
医師、料理家。 2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。 メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集