果実のコラム

2017.07.20

フルーツミックスアイスバー。

1年中アイスをほぼ常備している我が家ですが、夏と冬では微妙に違う。

アイスバー6_mini (1)

冬は生クリームや卵でコクのある濃厚なアイスが好きだけど、夏はかき氷のようなシャリシャリとした氷のアイスが好き。だからかな。家でアイスバーを作るのも夏が多くなります。コンデンスミルクと牛乳、カルピスや市販のジュースでさっぱりと作るアイスバーは、そのまま型に入れるだけだから、泡立てたり、混ぜながら凍らせる手間もなくてとっても簡単!こどもたちも気軽に自分で好きなアイスを作ったりもできるのです。

いつもそんな風に作るアイスバー。今回はフルーツをぎっしり入れて。

アイスバー材料_mini (2)

ここで出してきたのはミックスフルーツ缶。生のフルーツをそのまま凍らせることもよくしているけれど、一度シロップに漬けたフルーツの方が凍らせたときに固くなり過ぎないから缶詰は便利。それに。このミックスフルーツ缶なら、これ1つでリンゴと桃と洋梨にさくらんぼまで!いろいろ楽しめるからお得な気分にもなれるのです。

 アイスバー工程_mini (1)

アイスバーの容器もあるけれど、ごろんとしたフルーツを入れやすい小さな紙コップを使うことに。バランスよくフルーツを入れたら、ソーダを注ぐだけ。そうそう。缶詰のシロップもソーダにしっかり混ぜるのも忘れずに。ソーダだけだとアイスにするには少し甘さが足りないし、ソーダ自体にフルーツの味も馴染むしね。

冷やしている間が待ち遠しい。

カラフルなフルーツがしゃりっとおいしいソーダバーの出来上がり。

アイスバー2_mini (1)

そういえば。子供たちの初めてのお菓子作りはアイスだったかも。包丁も火もいらずに作れるから、おまかせにしてもちょっと安心。

“お手伝い”というにはまだまだで、むしろ後片付けの手間が増えるという悩ましい頃。だからと言ってあれこれ口を出すのも結構大変だし、“お手伝い“に付き合うとかえってよけいに時間がかかったりも。

そういう時はいっそのこと、潔く子供たちにまかせっきりにしてしまう私。私は私でお料理してるから、自分で全部やるんだよ~という気持ちでやらせてみると、失敗しながらもなんとかできるようになるもので。アイスバーなら、気が向いたときに自分で作っていたりします。その代り。その後のキッチンのお掃除は、まだまだ要覚悟なんだけどね。

栁川かおりさん
written by 栁川かおりさん
医師、料理家。 2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。 メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集