果実のコラム

2017.08.21

お出かけのおともに、黄桃クラフティ。

クラフティ3_mini (1)

子供たちが小さい頃は、お天気が良い日にふとお弁当を持って公園に行ったりしていたけれど、
小学生になってからは、そういう機会もめっきり減ってしまった。最近の子供たちのお弁当は、
学校行事の時、給食がない日、長期休みの時とか、何かと理由がついてくる。
平日の朝という忙しい時に、必要に迫られて作っている、といったところで。
前日にある程度は準備をしないと間に合わない!思いつきでこれとこれをお弁当に入れて~という
楽しさとはちょっと違う。お弁当をやりくりするのも、それはそれで楽しいのだけれど。

お弁当は、少し足りないかな?くらいの量で作るのがいいと勝手に思っている私。
お昼を過ぎても残ったおかずを入れているのも嫌だろうし、作る方も空っぽのお弁当箱で
帰ってきてくれた方がうれしい。

普段ならお弁当の後はすぐに授業や仕事が待っているし、
おなかいっぱいになり過ぎないくらいがいいけれど、休みの日のお出かけだとちょっと違う。
なんだかもう少し食べたいなぁというおなかの余裕が残っていると、
やっぱりデザートがほしくなる。

黄桃缶_mini

たとえば。いつもは大きく焼いていたクラフティを、小さな保存容器の食べきりサイズで作ってみる。
クラフティは、プリンの材料に薄力粉を入れたような生地を型に流してオーブンで焼くという
お手軽な焼き菓子。
季節によっていろんな果物で作れるけれど、缶詰を使えば1年中いつでも手軽に楽しめる!

洋梨やブルーベリーもおいしいけれど、今回は黄桃で!
オレンジがかった濃い黄色の黄桃が、秋の色にも見えたから。

クラフティ5_mini

焼き立ての熱々もいいけれど、少し時間がたって果物とクラフティ生地が馴染んで
味が落ち着いた頃も好き。お弁当のおやつって、時間が経って常温で食べるから、
冷たいデザートが温かくなっていたり、熱々の食べ頃がすっかり過ぎていたりするとちょっとさみしい。
その点、こういうお菓子はいつでも食べ頃。こうして小さく作れば持ち運ぶのにも便利だしね。

天気がいいからお弁当持って公園へ行こうか。久しぶりにそんな理由で作るのもいいよね。

 

<商品ページ>
http://nippon-kajitsu.kokubu.co.jp/about/area-info/yamagata-ohto

<くだものお楽しみレシピ>
http://nippon-kajitsu.kokubu.co.jp/sp2/sp2_2

栁川かおりさん
written by 栁川かおりさん
医師、料理家。 2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。 メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集