果実のコラム

2017.09.20

十五夜の、洋梨和パフェ。

お月様には何がいる?

洋梨パフェ_mini (1)

夏よりもこれから冬にかけて寒くなってきた方が、空気が澄んでいて夜空もきれいな気がしますね。
特に満月が近くなると、月明かりで夜も本当に明るい。

月に見える影の模様は何に見える?と聞かれたら、答えはもちろん「餅つきしているウサギ」。
いろんな国でいろんな形にたとえられているけれど、私はうさぎにみえるかも怪しいくらい。
子供たちにも聞いてみたら、またちょっと違うのです。ある時はカニ、ある時はウマ、
ある時は人がいるようにも見えるのだとか。その日によって月に住んでいる動物は違うんだそう。
そういわれても全然そんな影には見えてこない私は、先入観ばかりで想像力がない証拠かなぁ。
大人と子供の違いなのかもしれないね。

それはさておき。そんな真ん丸お月様で、想像するのがもう一つ。十五夜の白玉団子。
お月見のおやつと言ったらやっぱりこれ。普段の白玉団子は中央を少しくぼませて、
真ん中にも火が通りやすく成型するけれど、この日だけはお月様みたいなころんと真ん丸を作りたくなる。
みたらし団子もおいしいし、小豆と一緒に食べるのも好き。

だけど今年はちょっとだけ変化球。

洋梨パフェ2_mini

夏の間からよく作っているほうじ茶ゼリーに、ころころの白玉団子、丸くスプーンですくった
バニラアイスに、にっぽんの果実の「洋梨」を合わせてみる。
洋梨は和菓子よりも洋菓子に入れるイメージが強い私。何しろ“洋”の文字もついているしね。
それが、試しにほうじ茶と白玉で少しだけ和風なパフェにしてみたら、洋梨の甘い香りが
意外にもしっくりくる。ほうじ茶と白玉に溶け込んで、真っ白な洋梨がすっかり“和”の雰囲気。

お月様もおやつも、先入観はない方がいいのかもしれないね。

今年の十五夜には、月には誰が見えるかな?

栁川かおりさん
written by 栁川かおりさん
医師、料理家。 2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。 メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集