果実のコラム

2017.10.20

ハロウィンのアップルパイ。

リンゴ缶_mini (1)

ハロウィンに、リンゴ。
あまりなじみがなかったけれど、秋に旬を迎えるリンゴの料理を作る国も多いのだそう。
リンゴのおやつと言ったら、まず思いつくのがアップルパイ。あっ!アップルパイと言えば。

少し前に、いろんな料理道具の置いてある金物屋さんに行ったのです。お店自体はそれほど
大きくなかったけれど、いろんな料理道具が所狭しと並んでいて、かなりテンションが上がる場所。

中でも一番目にとまったのが型抜きの型。桜や梅、それからコスモスにマーガレットかな?
季節行事に活躍しそうな羽子板やもみじに楓、ひょうたんも。ウサギや猫、鳥のような動物もいる。
さすが職人さん!と思わせるような、小豆大くらいの小さな型は、本当にかわいらしくて、
おもちゃみたい。

製菓売り場のクッキー型というよりは、和食屋さんでお料理に使うような和の形だったけど、
どこかモダンでかわいらしさもあって、かえって新鮮に見えたのです。
いろんな形がほしくなって、どんどん手にとってしまったのだけど、ふと我に返る。
いけないいけない。ちゃんと使いそうなものだけしっかり考えないと!

お正月に使えそうな羽子板と羽。それからもうひとつだけ葉っぱの形を選んだ。
それはちょうど夏の終わり頃。秋になったらアップルパイに使ったらいいかなぁと、
ぼんやりと考えながら手に取ったのだと思う。そう。そのアップルパイ作りの時がまさに来たのです。

アップルパイ焼く前_mini

準備したのはりんご缶に冷凍パイシート。りんご缶ってあるんだね。お菓子に使う時は煮リンゴに
することが多いから、ひと手間省けてとっても便利。これだけでもいいかなと思ったけれど、
砂糖と卵、アーモンドパウダーを混ぜたアーモンドクリームも準備。大き目の丸型に抜いたパイ生地に、
アーモンドクリームとリンゴをサンド。あとは焼くだけだけど、ちょっと待った!残ったパイ生地は、
この葉っぱの形で抜かないとね。これだけでもしっかり葉っぱとわかるけど、
表面に少しだけナイフで模様を入れる。
これをちょこんとのせたら、すごく表情もでてきて思った通りのかわいさ!

葉っぱがちゃんと残ってくれるか、ドキドキしながら、いざオーブンへ。

アップルパイ3_mini

こんがり焼きあがったアップルパイ。ところどころ葉っぱが落ちたりしても、それはそれでよし。
きっと、ただ半分に折っただけの形だと少し寂しかったかも。この型を選んでよかった~。

少しいびつな形になってしまった真ん中に入れたパイの模様。じーっと見ていたら、
なんだかオバケに見えてきて、そういえばハロウィンのお菓子だったと、ようやく思い出す。

アップルパイオバケ_mini

こういうの、最近は全然作っていなかったから、ちょっと微妙なオバケだったかも。。

 

<今回使用した商品はこちら>

bnr_aomori_ringo

栁川かおりさん
written by 栁川かおりさん
医師、料理家。 2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。 メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

SPECIAL

PICK-UP

くだもの新発見くだもの新発見

桃の木成長の記録桃の木成長の記録

イベント・キャンペーン情報イベント・キャンペーン情報

くだものお楽しみレシピ集くだものお楽しみレシピ集